本市では、これまでSDGs、サスティナブル・ディベロップメント・ゴールズという英語でございますけれども、その理念に一定に沿いながらも、SDGsを明確にした取り組みは行っていない、至っていないというのが実情でもございます。

 2015年9月、国連で採択された持続可能な開発の

ための2030アジェンダ以降、さまざまな課題に対し

経済、社会、そして環境の側面から統合的に取り組み、

持続可能な世界の実現を目指すこのSDGsの持つ

意義は、これまで以上に重要度を増してもおりますし、

地方公共団体を含め地域での積極的な取り組みが

必要不可欠であるとの認識を殊さら強くしております。

 本市といたしましては、目標年次である2030年までの10年間を行動の10年と位置づけ

まして、SDGsに向けた取り組みを地方創生の推進、持続可能な伊予市の実現に資する

重要なテーマとして捉え、関係のある多様なステークホルダーと申しますか、要は利害関係を有する者という方々の中で、市民また地域、NPO、教育機関等々と連携を図りながら真剣に推進をしていく所存でもございます。

 その一歩として、令和2年度早々には職員を対象にしたSDGs研修会を計画いたしております。特に研修後、その研修で生かされたことを業務に生かすためのフォローアップや推進に向けた政策立案について、愛媛大学との連携協定を生かし、愛媛大学SDGs推進室との協働に向け現在協議も進めております。

第2次伊予市総合計画の基本計画の後期が令和3年度から、2021年度から開始となることから、SDGsの可能なものから着実に反映をさせて、誰ひとり取り残されない社会の実現を目指し、2030、令和12年から逆算し、今何をなすべきかということを全庁で調査研究をしっかりと進めてまいります。

武智市長
SDGs 2030年の伊予市の姿を
IMG_9635.JPG

令和2年第2回(3月)定例会 答弁より

広報いよし 2020年 9月号

『SDGs』ってなぁに?